スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前十時の映画祭 

以前も一度記事にした「午前十時の映画祭」に行ってきました。

「午前十時の映画祭」



午前十時の映画祭看板





2001年宇宙の旅 パンフ





スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」。

いまさら語るまでもないほど有名なSF映画の金字塔。
(どれだけの人が知ってるかはよく分からないけど・・)

1968年公開。なんと42年前!

スターウォーズの約10年前に公開された名作です。

もうね、やっぱりよく分からなかった・・・です。


でも、絵がとても綺麗で、宇宙船なんかの質感は、

今見ても充分な見応え。

劇場で見たのは、たぶん25年以上前なんで、

少し心配してたんですよ。

古くさーい質感だったらやだな、と。

そんなことなかった、立派なもんでした。
(ディテールに古くささは、もちろんありますけど・・)




映画内で、宇宙服姿の主人公が登場すると、

「スーハースーハー」とダースベーダーのような音がするんです、

主人公が息をする音なんですが・・・

あれっ、宇宙服じゃないのに「スーハースーハー・・・」

となりのおじさんの寝息でした。これも特殊効果?
(・・・ん~ん、恐るべしキューブリック、ここまで計算済みか)




気づくと、この「午前十時の映画祭」の終盤に入ってまして、

最初にあんなに意気込んでいたのに、初めて行ったのがこれ。

あと何回行けるかなぁ。


みなさんも、お近くの劇場にぜひ!




スポンサーサイト

カプリコン1 

なんか映画のDVDを借りようとTSUTAYAへ。

で、こんなPOPを発見。


TSUTAYAのPOP




「おもしろ責任制」・・こんなのあるんだ。

「カプリコン・1」が面白くなかったら返金します。

調べてみると1977年の映画でした。

当時、けっこう話題になったので、知っていますが実は見ていません。

内容は当時としては相当センセーショナルだったはず。
(ネタバレはやめときます)


このPOPは宣伝としては・・・

「そんなヤツはおらんやろう!」(チッチキチィ風に)

ということなんでしょうが、なんせ古い映画。

今の高校生とかが見たら、このチャチな映画はナンやねんとか

言われないかと心配になります。



でも、たぶん面白いと思います、きっと!
(当時の雑誌記事なんかの印象を思い返すと・・・)

今度借りてみます。




午前十時の映画祭 

知ってる人もいると思いますが・・・

知らない人にぜひお知らせしたい!

「午前10時の映画祭」
http://asa10.eiga.com/

午前10時の映画祭 ロゴ


なんと新旧の名作をスクリーンで観ることができるんです。

全国25カ所の映画館で観られます。

いやぁ、うれしい!

もうスクリーンでは観られないと思っていたあの作品やこの作品。

マニアックに偏っているわけでなく、オールドファンから若い方々まで

楽しめるラインナップ。

1年間かけて上映されるので、私 会社の自分の席の後ろに貼ってあります、

上映予定表。


午前10時の映画祭 壁の予定表
この予定表はサイトからプリントアウトできます。





午前10時の映画祭 壁の予定表 拡大
絶対観に行く作品には忘れないように、しっかりマーカーで印を
つけてあります。





「2001年宇宙の旅」なんかもう絶対スクリーンでは観れないと思ってましたから。

これはホント大注目の企画です。

今すぐサイトにアクセス! そして観たい作品をチェック!





気に入っている映画 

会社で自分の好きな映画を紹介するのが極地的に流行っている。
現在、参加者4名。
もともと映画好きな私、参加するしかない!
そうとう古い作品が多くなりましたが、会社でみんなに見せたものを
紹介します。(順不同です)



黒沢明            七人の侍

山田洋次           幸せの黄色いハンカチ

石井聰亙           狂い咲きサンダーロード

森田芳光           家族ゲーム

大森一樹           ヒポクラテスたち 

李相日            フラガール

スタンリー・キューブリック  博士の異常な愛情
                時計じかけのオレンジ

ジョージ・スティーヴンス   ジャイアンツ

フランクリン・J・シャフナー  猿の惑星

ポール・マザースキー     ハリーとトント

ジョン・ハンコック       カリフォルニアドリーミング

ロバート・クローズ       燃えよドラゴン

テリー・ギリアム        未来世紀ブラジル

リドリー・スコット       ブレードランナー

ジョージ・ロイ・ヒル      スティング
               明日に向かって撃て 

ジョージ・ルーカス      アメリカングラフィティ
                スターウォーズ

スティーブン・スピルバーグ  インディージョーンズ

ロブ・ライナー         スタンドバイミー

マーティン・スコセッシ    タクシードライバー

マーク・ライデル        ローズ


あれも入れたいけど、これはどうしよう、などその時代を思い出しながら
書き出すのは、思ったより時間がかかったけど楽しいひとときでした。





ウルヴァリン 

先日、映画の試写会に行ってきました。
「ウルヴァリン」。タイトルにあるように、X-メン 3シリーズのゼロにあたる作品。
つまり、「X-メン」以前のエピソードです。


ウルヴァリン
いやぁよかったです。
ヒュー・ジャックマン カッコイイ!

「X-MEN:ファイナル ディシジョン」で、どうなっちゃったんだろうって感じ
だったので、心配してましたが。
ただの戦闘映画ではなく、ウルヴァリンの心象も伝わる物語になってました。
どうして、ローガンからウルヴァリンになったのか、あの鉄の爪(?)の秘密。
おすすめの映画です。

でもせめて「X-MEN」を見てからじゃないと、面白さ半減かも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。