スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新地町 

福島県相馬郡新地町。

東日本大震災と津波の被害をまともに受けた場所。

震災後、なかなか行けずに8月になってしまった。

新地町、仕事でお世話になった方が旅館を営んでいた所。

津波で旅館は鉄骨を残し、なくなってしまった。

現在、住んでいる仮設住宅を念願の訪問。





仙台駅
名古屋から9時間半かけて深夜バスで仙台へ。





常磐線電
常磐線に乗り換え。





亘理駅
常磐線は亘理駅までしか開通しておらず、
その先の開通はまだまだ先。





常磐線電 上から
上から見た小川公園の仮設住宅。





常磐線電
仮設住宅の間はこんな感じ。





仮設住宅 玄関
玄関はこんな様子。





小高い場所の船
近くの小高い場所に、まだ船が残る。





平地の船
無造作に田んぼのような所に残る船。
写真はないが、海の中にも船やバスがそのまま
残っていたところもあった。
多くの場所は瓦礫が取り除かれていて、
そこは雑草に覆われている。





堤防跡
旅館近くの防波堤。無惨な姿。





朝日館 跡
ここがかつて旅館のあった場所。
瓦礫や残った鉄骨も撤去されていた。





かつての朝日館
昨年、泊まりにいった時に撮影した旅館「朝日館」。
上の写真とほぼ同じ位置からの写真です。





朝日館近くの信号
朝日館近くの信号交差点。





かつての朝日館近くの信号
この写真も去年のもの。
方向は違うが、同じ信号の写真。
もう別の場所としか思えない。





自衛隊の旗
2つ上の写真の信号脇に小さく見える旗。
自衛隊の方々が寄せ書きしたもの。
その上の方には「負くんな新地」と記されている。
復興に大きな力を貸してくれた自衛隊の方たちが
残してくれた祈りと願いの旗。






もうなにもかも無くなっていました。
(もう瓦礫もある程度撤去されてました)

去年来た時に見た、家も、木も、道路も、人も。

かつて来た所とは全く違った場所が

そこにはありました。



来てみないと、話を聞いてみないとわからないこと

ばかりでした。

でも、来てみて改めてわかったのは、当事者でなければ

理解できないことが、ものすごく沢山あるということ。


想像するしかない。

思うしかない。

話を聞くしかない。



復興にはまだまだ時間がかかると思うが、

それぞれが、自分の出来ることを

やっていくしかない。

自分の場所でそれぞれが。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。