スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲置街道 

愛知県名古屋市北区、稲置街道。

稲置街道(いなぎかいどう)は、江戸時代に名古屋城下と犬山城下を結んだ街道。

犬山市がその昔、稲置村と呼ばれていたため、このような名前がついている
(らしい)。

今回はそのスタートのあたりに行ってきました。





稲置街道の看板 引き気味





稲置街道の看板
北区清水のあたりにある稲置街道の看板。





白龍酒造
看板から北へ向ってすぐのところにある白龍酒造。堂々たるその姿。





家の側面の変な看板
これは、かつての稲置街道の名残とは全く関係ないが、街道にある家の側面の
渋い看板。





久国寺入り口





太郎の鐘 引き気味





太郎の鐘
これは以前も紹介したことがあるが、久国寺にある岡本太郎作の鐘。
久国寺も稲置街道のすぐ脇にある。






私の現在の住まいは北区、会社は中区。そして実家は犬山市。

ということで、この稲置街道はちょうど会社から現住所、実家を結ぶかつての

街道なのである。

以前、仕事で車を使ってたどったことがあるが、思い出しながら出発地点周辺を

散策。かつての雰囲気はほとんど残ってないが、こうして写真を並べてみると、

なかなか楽しそうなものがありました。




スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

街道をたどる、私も好きです。

酒造会社の木の壁と看板、渋いですね。

白龍酒造の堂々たる佇まい、素晴らしいですね。
木造の風合い、そして側面の看板が渋いです!
岡本太郎作の鐘も、その存在感に改めて目を見張りました。

ぞうさん、こんにちは

調べるとけっこう江戸時代の街道なんかが
ありますね。
石碑なんかが残っていたりして、普段気づかない
意外な発見があったりします。

白龍酒造、いいですよね。
実際見るとちょっとスゴイです。

igu-kun さん、こんにちは

白龍酒造は写真の裏の方にも大きくつづいていて
全体はずいぶんの規模の建物です。
本当に堂々とした雰囲気で、ちょっと見とれてしまう
ような感じもします。
岡本太郎の鐘はいつ見ても、独特な佇まいで存在感抜群です。
久国寺は小さなお寺なんですけど、
だからこそ異彩を放っています。

お久し振りです。
酒造会社の看板と2枚目の看板、渋くていいですね。
古くからの街道には、いいものが残ってることがありますね。
岡本太郎氏の鐘にびっくりです。

lucca-truthさん、こんばんは

お久しぶりです。
古くからの街道、そこは人が集まったり
行き来があった所なので、商店や製造業なんかが
たくさんあったんでしょうね。
ゆっくり見ていくと、色々みつかりそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/131-28f4720e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。