スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドナーファミリーの集い」と「ランフォービジョン」 

2010年10月10日、仕事で大変お世話になった

「東京歯科大学市川総合病院内 角膜センター・アイバンク」の主催する

「ドナーファミリーの集い」と「ランフォービジョン」に参加・見学を

させていただきました。(大手町KDDIホール)


「ドナーファミリーの集い」は文字通り、角膜を提供したドナーの家族の方々を

招いてのアットホームな会です。

角膜センター・アイバンクが毎年開催しているもので、ドナーファミリーや医療

関係者、支援しているサポーターが集まります。

移植を受けた方のビデオレター・お手紙やスピーチなど、こうしたドナー側と

移植を受ける側の想いを、それぞれの言葉で再認識できる機会はかなり貴重な

ものと感じた。また、手作り感あふれる内容もとても好感がもてました。


その後,午後からは、同じ角膜センター・アイバンクが主催するマラソン大会

「第13回 ラン・フォー・ビジョン」を見学。


ランフォービジョン アーチ
スタート地点のアーチ。





ランフォービジョン 公園内
池を囲んでたくさんの人が開会をまっていました。





マラソンぼかしあり

視覚障害者の方々には伴走者が付いて走ります。





千鳥が淵公園をスタート・ゴール地点とする皇居周回コース。

ランフォービジョンは、視力保護の大切さ、アイバンクの存在意義を社会に

アピールすることを目的に開催される、チャリティーマラソン大会。

視覚障害者も大勢参加している。

なんと今回が12回目、そんなに続けていることにもビックリ。

どちらの企画も、主催側の苦労は大変なものだったと思いますが、

印象に残ったのはスタッフの方々が楽しそうな姿。



医療というと、一般的にはクールなイメージもありますが、

スタッフの笑顔を見ていると、ほっとするような、嬉しくなるような、

自分も頑張らなければと、励まされるような気持ちになります。



私はACのキャンペーン広告で角膜センター・アイバンクのスタッフの

方々に大変お世話に なったのですが、今回のイベントのような地道な

努力が必ずアイバンクの裾野を広げ、多くの方の気持ちを動かすに

違いないと確信しました。

今回、参加させていただき、ありがとうございました。
(マラソンには出場してませんが・・・)






スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

三連休の中日、東京遠征(出張?)お疲れさまでした。

あらためて、健康であることのありがたさを感じました。

ぞうさん、こんばんは

仕事のような仕事じゃないような・・。
お世話になった方々へご挨拶をかねて
お邪魔しました。
みんなの頑張ってる姿を見て、励まされた
一日でした。

こうした交流はとても意義があるものですね。
ラストの1枚、楽しそうに頑張る姿に
私も元気を貰いました。

igu-kunさん、こんにちは

仕事で出会わなければ、
今後一生知らないままだったかも
知れない方々。
不思議な縁だとは思いますが
大切にしなければ、と強く感じています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/158-512f1394

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。