スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部坂と寄席坂 

東京都港区六本木。南部坂と寄席坂です。

南部坂


南部坂 看板
東京都港区六本木2丁目と赤坂二丁目の境界にある坂道。
坂上の西側は米国大使館宿舎があります。カーブの具合とまわりの壁がいい雰囲気。




寄席坂


寄席坂 看板
六本木3丁目にある坂道。
坂の途中の北側に明治から大正にかけて福井亭という寄席があったから、寄席坂と
よばれるようになったようです。

このあたありの坂道は歴史を感じさせるどっしりしたたたずまい。


スポンサーサイト

コメント

おはようございます
南部坂は側の石垣とともに雰囲気がいいですね。
こちらのほうに寄席があったのですね、まったく知りませんでした。
坂の名前にも歴史を感じられて楽しいですね。

南部坂はカーブの具合といい、壁の雰囲気といい、とても風情のある坂道ですね。
寄席坂もその名前から、当時の様子がうかがえる、粋なネーミングです。
どちらも結構な急勾配ですね。

> lucca-truthさん、こんばんは

南部坂は忠臣蔵の話の中にも出てくるそうです。
周囲の環境も趣きを感じさせられる坂道です。
寄席坂は寄席があったからというのも単純ですが、
名前の由来ってそんなもんなんでしょうね。

> igu-kunさん、こんばんは

南部坂はおっしゃるとおり風情のある坂道でした。
寄席坂の方は一見なんでもないような坂道ですが、
寄席があったという由来を知ると、それだけでも
なんだか違った景色に見えてきます。
不思議ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/38-cd6f5206

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。