スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枳殻坂など 

名古屋城から東へ坂道がたくさんある。坂が多いのは知っていたが、これは「名古屋台地とよばれる高台の北端にあたるため」らしい。名古屋台地なんて聞いたこともなかったけど。
風景としての坂道、以前から大好きだったんだけど、色々調べると坂道・・・やはり侮れない。


枳殻坂

名古屋城のすぐ東に南北に走る、柳原商店街へ通じる坂道がある。これが「枳殻坂」(きこくざか)というらしい。かっては道路の西側に棘のある枳殻 (からたち)の木が植えられて、城壁の防御の役割を果たしていたところからこの名がついたみたいです。実はこの坂道は何十回(何百回?)も通っているし、商店街の夏祭りだって行ったことあるんだけど・・・名前知りませんでした。スイマセン。



枳殻坂近くの坂

枳殻坂近くの坂道。このあたりは本当に坂が多い。



清水坂よこいち

さらに東に向かうと国道41号線が通っているが、その西側に平行して旧道があり、ここにある北へ下る坂道が「清水坂」。交通量の多い国道から一本中に入っただけで、ずいぶん雰囲気が落ち着いている。ここは確か、国道の大きな交差点をショートカットする時に通ったことあるぞ。



清水坂の下

清水坂の坂下。古くからあると思われる家が見える。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/4-9e2f0043

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。