スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名鉄小牧線の引き込み線2 

愛知県小牧市。
名鉄小牧線の引込み線のつづきです。


引き込み線5
前回の写真の反対側からの風景。
奥に見える道路の、さらに奥が名鉄小牧線です(見えませんが)。



引き込み線信号
1枚目の中央あたりにある鉄道の信号機。
まだしっかり残ってます。逆光でよく見えないですが、丸いのが三つ付いています。



引き込み線1
さっきの信号を背にして、反対側。



引き込み線2
まだつづいています。



引き込み線3
最終地点は大きな扉みたいな所でした。
この奥は自衛隊小牧基地です。


引き込み線4
これは最終地点の扉の方から見た引込み線跡。
このあたりでは複線になってます。


引込み線の跡が、自宅からそんな遠くないところにあったとは驚きでした。
しかも、こんなにしっかり残っているとは・・・見れてよかったです。
「引込み線」というコトバのひびきもなんかイイですしね。
線路はよく人生なんかに例えられることがありますが、そう思うと引込み線って
また違った意味で大切かも。寄り道とか一時待避とか、そんな感じですかね。

まあ、こういうところもいつまでも残ってはいないのかも・・・と思うと
ちょっとさみしい気がします。できるだけ残してほしいもんです。



スポンサーサイト

コメント

おはようございます
引込み線っと残っているんですね、
ちょっと整備すればまだ使えそうな気がしますね。
信号まで残ってるなんって驚きです。
線路の上を歩いたり遊べたり不思議な感じですね。

>lucca-truthさん、こんにちは

レールの周囲が草に覆われて
いるんですが、それがなければ普通の
線路のように見えるんですよね。
今回、自転車でこの線路の上を
走ったりしてみました。
不思議な感じでした。

引き込み線という言葉、私も惹かれてしまいます。
芝生に紛れてうっすらと残るレール
そして錆びた信号機の遺跡
ロマンを感じる景観です。

>igu-kunさん、こんばんは

引き込み線・・やっぱりなんか
いいですよね。
実際ホンモノ(しかも引込み線跡)も
なかなか歴史を感じさせられ、さらに
感慨深いものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/48-b4a39faf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。