スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の金色の建物 

愛知県名古屋市守山区。
龍泉寺からさらに進むと・・・謎の金色の建物が。


謎の金色屋根
なんなんだ!あの金色の屋根。



チベット寺院の看板
日本で唯一のチベット仏教寺院である「強巴林(チャンバリン)」
とのことです。



チベット寺院



チベット寺院のお土産屋


このあたりの景色からは明らかに違和感があり、第一印象は実に怪しい。

  ・・・と思ったら、どうやらそうではないらしい。

この強巴林のすぐ隣にある倶利加羅不動寺のご住職が、チベットのラサにある
チベット仏教総本山大昭寺で修行。チベット仏教で初の外国人女性受戒者とな
り同寺の協力を得て、平成17年3月この守山区に日本初唯一の本格的チベット
寺院を建立したのだという。

 う・・疑ってスイマセン。

   でも違和感あるなぁ。




スポンサーサイト

コメント

遠くから見るとちょっと驚きますね
。チベット仏教の寺院が日本にあったのですね、知りませんでした。
やはりちょっと印象が違います、
緑の中に金色の建物はインパクトがありました。

金色の屋根にシルクロード的な外壁
異国情緒たっぷりなお寺ですね。
階段脇に飾られた旗も雰囲気を醸し出しているように思いました。

>lucca-truthさん、こんばんは

階段を上がったところは撮影禁止
だったので、近くでの写真はないん
ですが、本格的な寺院でした。
(本物をしりませんが・・想像では)
私も全く知りませんでした。

>igu-kunさん、こんばんは

境内には売店があり、周囲には露店の
ようなものも。
ただ、露店はやってませんでした。
雰囲気としてはここだけ違う世界のような感じで、まさに異国情緒あふれる
ものでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/61-aea53d67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。