スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいの坂 

愛知県名古屋市千種区 こいの坂。
新栄方面から飯田街道を東へ行くと・・恋の坂・・・じゃなくて「古井ノ坂」が
あります。



飯田街道のアーケード看板
飯田街道の途中にあるアーケード看板。



古井ノ坂信号看板
古井ノ坂(こいのさか)の信号看板。



分かりにくいが古井ノ坂
歩いても気づかないかも・・・一応奥に向かって下ってます、古井ノ坂。



古井ノ坂の細長い建物
古井ノ坂交差点角に建つ鉛筆(?)を思わせる建物。



古井ノ坂の細長い建物の反対側
なんか不思議な気がするが、さっきの細長建物を反対から見ると風情のある普通の
大きさの建物。



古井ノ坂(こいのさか)
近くにある高牟神社を中心に、各所に清泉が湧き出ていたといいます。
今も境内には古い井戸があり、古井ノ坂といった地名の由来となった、という説が
有力のようです。

ここは地名の利(?)を生かして、オシャレなバーとか作って「恋の坂」として
街おこしをしたら、なんか雰囲気出るんじゃないんだろうか。
  ・・・とか思ってしまうほど「こいのさか」・・・いい地名です。




スポンサーサイト

コメント

おはようございます
こいの坂、やはり井戸があるんですね、
きれいな湧き水が流れていそうですね。
トタンの茶店よい雰囲気です、両側でイメージが違って面白いですね。
飯田街道は信州のほうへ出る道ですか?

私もそう思います。
恋の坂、話題になるでしょうね。
とはいえ、今の雰囲気もとても好みです。
アーケードのゲートは素晴らしいですし
鉛筆風物件も堪りません。
張り合わされたトタンに惹かれました。

>lucca-truthさん、こんばんは

また今度、井戸も見に行ってみたいと思ってます。

飯田街道はおっしゃるとおり、江戸時代初期に
徳川家康によって作られたといわれている、
名古屋と信州飯田を結ぶ街道です。

名古屋ではそんな意識なく普通に「飯田街道」と
地名の感覚で使っていますが。

>igu-kunさん、こんばんは

確かに今の雰囲気もいいと思います。
親しみある落ち着いた街です。
細長いお店の建物もいい味出してますし。

でもやっぱり、今の良さを生かして「恋の坂」
どうですかね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/64-e6f0d1fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。