スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「実験4号」 

私、実は「カレー部」だけでなく会社で「伊坂幸太郎 部」というものもつくって
います。部員4名。伊坂幸太郎好きが部員です。
この部活も研究したりするわけではなく、「これ読んだ?」「どうだった?」
みたいなことをしゃべったり、情報交換するくらいのもんです。
あと、「おすすめの本ある?」と聞かれた時に、「伊坂幸太郎!」と答えたり・・。


そんな私がブックオフで見つけたこの本(?)。
「実験4号」。(スイマセンこの作品、全くノーマークでした)


実験4号
装丁がなんといってもカッコイイ。



実験4号 中身出したところ
中に同じデザインの本とDVDが入っています。これもオシャレ。



伊坂幸太郎と、「天然コケッコー」の映画監督・山下敦弘が、ちょっとした同一
設定のもと短編の小説と映画をそれぞれ創作し、一緒のパッケージに入った作品集。
内容はどちらもさりげない日常(非日常?)の物語が淡々と進んでいくものです。
内容は他の伊坂作品と比べるとややうす味な気もしますが・・・。

この作品の面白いのは小説と映画(実はあるミュージシャンも・・)が触れるような
触れないような微妙な綾をみせながらコラボしているところ。


こういった、まさしく「実験」的な試みカッコいいです。




スポンサーサイト

コメント

こんにちわ
映画と小説がセットですか。
どちらを先に見るかで悩みそうですね。
比べてみるのも楽しそうですね。

lucca-truthさん、こんばんは

私はDVDから見ました。
こういうコラボは他に見たことがない
ので、いい買い物だったと思います。

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/70-08cc605f

実験4号後藤を待ちながら 伊坂幸太郎/山下敦弘

舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地球―。 火星へ消えたギタリストの帰りを待つバンドメンバーの絆の物語(伊坂幸...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。