スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城東園1 

愛知県名古屋市北区。
名古屋の幻の歓楽街、城東園。(・・幻とは言われてないようですが)
戦災を逃れた杉栄町・水切町あたり。



十州楼看板


十州楼1


十州楼2


十州楼3

登録有形文化財老舗料亭「十州楼」この屋号は伊藤博文が命名したという。
この辺りは戦前は花柳界があった場所で料亭や置屋が点在していたらしい。






入り口の屋根の立派な料亭?



六角形っぽい建物1



六角形っぽい建物2



古いうどん屋



2階が出っ張った古い家





たしかに歴史を感じさせる建物が、いたるところに。
城東園という地名は残っておらず、あまり知られている場所ではないのだが
これだけ古い建物が集中してあるというのは、このあたりにはあまりないと思う。





スポンサーサイト

コメント

おはようございます
城東というと名古屋城の東のほうでしょうか、
名古屋は近代的な大都市のイメージでしたが、
戦前の建物が残っている地域があるんですね。
十州楼、名前も佇まいも風情があってみごとですね。
5枚目以降も見事な木造家屋が続きますね。
このまま残って欲しい地域ですね。

素晴らしい町並みですね。
花街だった頃の面影を当時の建物のまま
これだけ残っているというのは本当に貴重だと思います。
十州楼は細部の装飾も見事で
思わずじっくり眺めてしまいました。
6枚目7枚目も好きです。2階部分の窓が最高です。

lucca-truthさん、こんばんは

城東園はおっしゃるとおり、名古屋城の東方向にあります。
この地域は私も最近知ったんですが、あまり知られていない
地域だと思います。
元歓楽街ということが影響しているのかもしれません。
そうはいってもこのような貴重な建物たちは
ぜひとも残してほしいと思います。

igu-kunさん、こんばんは

「花街だった頃の面影」は小さな路地に入った時に
よく見られる気がします。
十州楼は細部の装飾もおっしゃるように、格調高いもので
思わず見入ってしまう雰囲気が漂っていました。
2階部分の窓も花街の建物の特徴なんでしょうか。
日本建築の風情を感じます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakasuki.blog113.fc2.com/tb.php/75-3b389784

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。