スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢田川の堤防付近 

愛知県名古屋市北区 矢田川堤防。





堤防坂道と空





堤防への小径





堤防と空





矢田川の堤防道路付近の坂道。

とても気持ちのいい秋晴れ。

空の青色と坂道の脇の雑草の色が

とてもキレイでした。







雑草 

名古屋市北区水分橋。



歩道の草

ガードレールの足に・・・根性でへばり付いている。

それとも、みんなで仲睦まじく生えているのか。

雑草っぽい、ほのぼのとさせられる風景。







夏の風景 

もう9月。

  ・・・ですが、なんでしょうこの暑さ。



自転車を覆う草
こんな感じです、今年の夏のイメージ。
絡み付く暑さ。





ほおづき?






ほおづき?2
普通のお家の庭先。
ちょっと風情のある風景。 すだれとほおづき(?)。




今年の暑さ、「何十年ぶりの・・」とかのニュースのコメントは

もう、聞きたくないです。

みなさん、大丈夫ですかね。夏バテとか。

どっと来るんですかね。


適度にがんばりましょう。





旅人 

北区の国道41号線。

北から南方向におじさんを乗せた馬が。



馬1





馬2





馬3





車道を小走り(?)に進む馬とおじさん。

のろのろ運転の車を従え、マイペースで走る馬とおじさん。

服装はカジュアルスタイル。

大きな交差点は止まるものの、けっこう信号ぶっちぎってました。

乗馬特典・・・交通法規を超越した存在?

15分くらい並走。

同じような物好きな人はいるもんで、ツーリング風のサイクリストが前を走り、

写真なんぞ撮ったりしてる。



大きな信号で止まった時に、

「どこまで行くんですか?」と聞いてみた。

「名古屋城の方まで」おじさんが元気に答えてくれた。

すると、さっきのサイクリストが「最終的には千葉まで行くんですよ」。

あれっ、物好きな自転車乗りと思っていたのは、先導してる お仲間だったよう。
(1枚目と3枚目に写ってる人です)


信号が変わると、カッカッカッと走り去っていきました。

旅人・・・・ですかね。








稲置街道 

愛知県名古屋市北区、稲置街道。

稲置街道(いなぎかいどう)は、江戸時代に名古屋城下と犬山城下を結んだ街道。

犬山市がその昔、稲置村と呼ばれていたため、このような名前がついている
(らしい)。

今回はそのスタートのあたりに行ってきました。





稲置街道の看板 引き気味





稲置街道の看板
北区清水のあたりにある稲置街道の看板。





白龍酒造
看板から北へ向ってすぐのところにある白龍酒造。堂々たるその姿。





家の側面の変な看板
これは、かつての稲置街道の名残とは全く関係ないが、街道にある家の側面の
渋い看板。





久国寺入り口





太郎の鐘 引き気味





太郎の鐘
これは以前も紹介したことがあるが、久国寺にある岡本太郎作の鐘。
久国寺も稲置街道のすぐ脇にある。






私の現在の住まいは北区、会社は中区。そして実家は犬山市。

ということで、この稲置街道はちょうど会社から現住所、実家を結ぶかつての

街道なのである。

以前、仕事で車を使ってたどったことがあるが、思い出しながら出発地点周辺を

散策。かつての雰囲気はほとんど残ってないが、こうして写真を並べてみると、

なかなか楽しそうなものがありました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。